top of page

【最新のグラスワイン管理】


従来のグラスワインの保存管理はバキュバンなど、ボトルから空気を抜いて酸化を遅らせる方法がメインでした。


しかしこの方法では完全にワインの酸化を防ぐことは出来ないためワインの風味がお客様に提供出来るギリギリのラインになるまでの数日間でワインを売り切らなくてはなりませんでした。


この数日間で売り切れないとワインの風味は劣化し廃棄処分となり、利益率を減少させお店の経営を圧迫します。


これに対して欧米のワイン業界ではアルゴンなどの不活性ガスをボトルに充填してワインと酸素を遮断しこれまで数日間だったワインの保存期間を数週間から数か月にのばす保存方法が現在主流となっています。


具体的には箱型の容器にワインボトルを数本並べボトル内にチューブで不活性ガスを注入しワインを注ぎ出すタイプの器具があり、こちらは約20万円から200万円ほどします。もう一つが近年日本でもよく見かけるようになった『コラヴァン』です。『コラヴァン』はワインのコルクに専用のニードルを差し込み不活性ガスを注入してワインを抽出する器具でワインの保存期間は数か月から1年ほどと現在あるワインの保存システムの中では最も性能が高く価格も2万円から10万円ほどですが、この『コラヴァン』を営業用に使うにはガスカートリッジの交換コストが高いという難点があります。


そこで私たちは『コラヴァン』を大型のガスボンベにつなぎガスカートリッジの交換コスト無しで非常に安いガス代で『コラヴァン』を使い放題に出来る『コラヴァン・アダプター・システム』を開発しました。



『コラヴァン・アダプター・システム』を使えば非常に安いランニングコストで長期間ワインをフレッシュな状態で保存しグラスワイン販売が可能となります。


ワインが長期間保存可能となると、数日間でグラスワインを廃棄処分する事はなくなりますし、数十種類から100種類以上のワインをグラスワインで販売することも出来ます。さらにボトルでは数万円する高級ワインを数千円のグラスワインで販売することも可能となり客単価が大幅アップします。


この『コラヴァン・アダプター・システム』を導入するには

①コラヴァン本体

②コラヴァン・アダプター・システム アダプター部分

③ガスボンベ

の3点が必要となります。


①のコラヴァン本体はすべてのコラヴァンモデルが接続可能ですのでご使用中のコラヴァンがあればそのままお使いできます。

②のアダプター部分が今回私共が皆様に販売する部分です。

③のガスボンベは別途ガス会社と契約が必要となりますが、お客様にお知り合いのガス会社がある方はそちらで契約可能ですしガス会社がわからない場合も私共が皆様の地域に配送可能なガス会社をご紹介いたしますので余計なお手間をかける事はございません。


円安によるワイン価格の上昇などコロナ後も厳しい時代が続くことが予想される今、世界標準の最新のワイン保存管理で新しいワイン販売を始めてみませんか。


私共ノーブルサヴェッジワインラボは長年にわたりコラヴァンを使い続けてきた経験があり、その経験をフル活用して皆様のお店の営業力アップに貢献いたします。


ご質問・ご相談などいつでもお待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page