top of page

ブルゴーニュワイン概論③ テロワールの要素

テロワールの定義と要素:

テロワールとは、フランス語で「土地」や「土壌」を意味する言葉で、ワインの品質や風味に関連するさまざまな要素を包括的に表す概念です。テロワールは主に以下の要素から成り立っています。

  1. 土壌: 土壌のタイプや肥沃さ、水はけなどが含まれます。

  2. 地形: 畑の傾斜や向き、高度などが関係します。

  3. 気候: 温度、降水量、日照時間、風などが影響を与えます。

  4. 人間の手による要素: 栽培方法、収穫時期、醸造技術などもテロワールに関わります。

ブルゴーニュ地域の畑ごとの区画分け:

ブルゴーニュ地域では、畑ごとに細かく区画分けがされており、それぞれが異なるテロワールを持っています。この区画分けは、中世の修道院時代から始まり、その後の歴史の中でさらに細分化されました。一般的に、ブルゴーニュワインは以下の4つの等級に分類されます。

  1. グラン・クリュ(Grand Cru): 最高品質の畑で、最も優れたテロワールが認められています。全体の約2%を占め、非常に希少性が高く、価格も高騰することがあります。

  2. プルミエ・クリュ(Premier Cru): グラン・クリュに次ぐ品質で、優れたテロワールが認められています。全体の約10%を占め、品質に対する価格が比較的リーズナブルであるため、多くのワイン愛好家に支持されています。

  3. ヴィラージュ(Village): 一定の品質が保証された村のワインで、その村の特徴を反映したテロワールがあります。全体の約30%を占めます。その村落の特徴を反映したワインであり、手頃な価格で購入できるため、日常的に楽しむことができます。

  4. ブルゴーニュ地域全体を表す「ブルゴーニュ」(Bourgogne): 地域全体の基本品質を表すワインで、テロワールの特徴が一般的です。全体の約58%を占め、幅広い価格帯で提供されています。

テロワールがブルゴーニュワインの味わいや評価に与える影響: テロワールは、ブルゴーニュワインの味わいや評価に大きな影響を与えます。畑ごとに異なるテロワール要素が、ワインに独特の個性や風味をもたらします。例えば、石灰岩が多い土壌はシャルドネに繊細でミネラル感のある味わいを与える一方、粘土質や砂質の土壌はピノ・ノワールに果実味やボディ感を与えます。また、畑の向きや傾斜によって日照時間や風通しが変わり、ぶどうの成熟度や酸味に影響を与えます。これによって、ワインのバランスや風味の違いが生まれます。


さらに、人間の手による要素もテロワールの一部であり、ワインの評価に影響を与えます。栽培方法や収穫時期、醸造技術によって、ワインの品質や個性が変わります。ブルゴーニュ地域では、伝統的な手法や現代的な技術を融合させたワイン造りが行われており、それぞれの畑のテロワールを最大限に引き出すことを目指しています。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page