top of page

ブルゴーニュワイン概論⑤ 歴史

古代ローマ時代からのワイン造りの歴史 :

ブルゴーニュ地域のワイン造りの歴史は、古代ローマ時代に遡ります。約2000年前、ガリア地方(現在のフランス)がローマ帝国に征服されたことにより、地中海沿岸からワイン造りの技術が伝わりました。ローマ帝国の拡大に伴って、ブルゴーニュ地域もその版図に取り込まれ、この地におけるワイン造りの歴史が始まりました。

当初、ブルゴーニュ地域でのワイン生産は限定的でしたが、ローマ人たちは徐々にこの地域の気候や土壌がワイン造りに適していることを発見しました。この地域の気候は、冷涼で湿度が高いため、白ブドウ品種のシャルドネや赤ブドウ品種のピノ・ノワールなど、独特の風味を持つワインを生み出すことができました。ローマ人たちは、ブルゴーニュ地域でのワイン生産を本格化させ、ワイン造りの技術を磨きました。

古代ローマ時代のワイン造りの技術は、様々な形で現代にも受け継がれています。例えば、ブドウの栽培方法や収穫時期の決定、果実の選別や圧搾など、基本的なワイン造りのプロセスは古代ローマ時代からほとんど変わっていません。また、この時代からワインの保存方法として木製の樽が用いられており、現代でもオーク樽を使用してワインの熟成を行うことが一般的です。

中世の修道院によるテロワールの発展 :

中世に入ると、ワイン造りはキリスト教の修道院によって大きく発展しました。特に、シトー派やクリュニー派の修道院は、ワイン造りの技術向上や畑の開拓に力を入れ、ブルゴーニュ地域のワイン生産を支えました。修道院は、ワインを自給自足のために生産するだけでなく、教会の儀式で使用したり、外部に販売して収益を上げることも目的としていました。このため、彼らは品質の高いワインを求め、徹底した研究と試行錯誤を重ねました。彼らは、畑ごとの環境条件や品質の違いに注目し、それをテロワールとして捉える考え方を確立しました。

修道院によるテロワールの発展は、ブルゴーニュ地域のワイン造りに大きな影響を与えました。彼らは、畑ごとに異なる気候や土壌の条件を詳細に調査し、それに適したブドウ品種や栽培方法を選択しました。また、彼らは畑ごとに独自の品質や特徴を持つワインを生産することに成功し、畑ごとの区画分けが進みました。

テロワールの概念は、ワインの品質向上に大きく寄与しました。ワイン生産者たちは、畑ごとのテロワールを大切にし、それを活かしたワイン造りを行うようになりました。畑の違いによるワインの味わいや評価の違いが認識されるようになり、ブルゴーニュ地域のワインは、畑ごとのテロワールの違いを楽しむことができるとして、人々に愛されるようになりました。

現代のワイン産業への影響 :

現代のブルゴーニュワイン産業は、古代ローマ時代のワイン造りの伝統と中世の修道院によるテロワールの発展の影響を受けています。現代のワイン生産者たちは、畑ごとのテロワールを大切にし、それを活かしたワイン造りを行っています。

また、古代ローマ時代から続くワイン造りの技術や伝統が、現代の醸造技術と融合し、独特のブルゴーニュワインが生まれています。例えば、古代ローマ時代から続く手作業によるブドウの収穫や選別に加え、科学的な分析やコンピュータ技術を活用して、適切な収穫時期の決定や品質管理が行われています。

現代のブルゴーニュワイン産業は、グローバルな市場で競争力を持つことが求められています。このため、生産者たちは、畑ごとのテロワールを活かしたワイン造りだけでなく、ブランド力の向上やマーケティング戦略にも力を入れています。また、エコロジーに配慮したワイン造りや、オーガニックやバイオダイナミックなどの持続可能な農業手法の導入も進んでいます。

現代のワイン産業において、ブルゴーニュ地域のテロワールは、その独自性や魅力を維持しつつ、新しい価値を創造しています。例えば、異なる畑のテロワールを組み合わせることで、新たな味わいや風味を持つワインが生まれることもあります。また、ワイン愛好家たちの間で、畑ごとのテロワールの違いを楽しむことが、ますます一般的になっています。

最後に、現代のブルゴーニュワイン産業は、古代ローマ時代からの歴史と中世の修道院によるテロワールの発展を大切にしながら、新たな時代に適応し続けています。これからも、ブルゴーニュ地域のワイン生産者たちは、畑ごとのテロワールを活かしたワイン造りを追求し、世界中の人々に愛されるワインを生み出し続けるでしょう。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page