top of page
検索

ボルドーワイン概論① 歴史


ローマ時代(紀元前1世紀 - 紀元5世紀)

紀元前1世紀、ガリア(現在のフランス)がローマ帝国の支配下に入ると、ボルドー地方でブドウ栽培が始まりました。ローマ人は優れたワインを生産するための技術と知識を持っていたため、この地域のワイン産業は急速に発展しました。ワインは、当時のローマ人にとって重要な飲み物であり、宗教儀式や祝宴に欠かせないものでした。


中世(6世紀 - 15世紀)

ローマ帝国の衰退とゲルマン民族の侵入により、ボルドー地方のワイン産業は一時的に停滞しました。しかし、フランク王国の成立とキリスト教の普及により、修道院を中心にワイン作りが復活しました。ボルドー地域は、特にサン・テミリオンやポムロールなどの修道院が活発にワイン生産を行っていました。


イングランド統治時代(1154年 - 1453年)

12世紀にアリエノール・ダキテーヌの結婚により、ボルドーはイングランド王国の支配下に入りました。イングランドは大量のボルドーワインを輸入し、ボルドー地方のワイン産業はますます発展しました。この時期、イングランドは「クラレット」と呼ばれるボルドーワインの輸入を通じて、ボルドーのワイン市場を支配していました。


百年戦争終結後(1453年以降)

1453年、百年戦争が終結し、ボルドーはフランス王国の支配下に戻りました。この時期、ボルドー地方のワインはオランダを中心とした北欧諸国に輸出され、その評判は広がりました。ワイン生産の技術や品質も向上し、ボルドー地方のワインは世界的に有名になりました。


18世紀~19世紀

18世紀に入ると、ボルドー地方はフランス革命とナポレオン戦争の影響を受けましたが、ワイン産業は継続して発展しました。この時期には、ボルドーワインの品質に関する最初の分類が行われました。1855年のパリ万国博覧会を機に、ボルドーワインの格付けシステムが導入され、特に優れたシャトーが評価されました。


フィロキセラの蔓延(19世紀末 - 20世紀初頭)

19世紀末には、フィロキセラというアメリカ原産のブドウ根に寄生する害虫がヨーロッパに侵入し、ボルドー地方のブドウ畑も大きな被害を受けました。しかし、フランス政府の支援やアメリカから輸入された抵抗性のあるブドウ根を使った接ぎ木技術により、ワイン産業は徐々に回復しました。


20世紀後半~21世紀

20世紀後半には、ボルドー地方のワイン産業はさらなる発展を遂げ、品質向上やテロワールの研究、技術革新が行われました。また、グローバル化の進展により、ボルドーワインは世界中に広く普及し、アジアやアメリカでの需要も増加しました。

21世紀に入っても、ボルドー地方のワイン産業は新たな課題に直面しています。気候変動による影響や、新興国のワイン市場との競争、持続可能なワイン生産の必要性など、多くの課題が存在します。しかしこれらの課題に対処するため、ボルドー地方は技術革新や新たな品種の導入、環境に配慮した生産方法などを模索し続けています。

閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブルゴーニュワイン概論⑥ 現代

現代のブルゴーニュワイン産業では、生産者とネゴシアンの役割が大きく関与しています。また、オーガニックやバイオダイナミック農法の普及が進み、ブルゴーニュワインの国際市場とその競争力が高まっています。 生産者とネゴシアンの役割: 産者(ドメーヌ)は、自らの所有する畑でブドウを栽培し、ワインを生産する役割を担っています。彼らは畑ごとのテロワールを熟知し、品質にこだわったワイン造りを行っています。一方、ネ

Comments


bottom of page